茨城県日立市にある会社のガーデン部門でガーデンプランナーをしています。日々の雑感や作業などのつぶやき、地域の情報を発信します。HPはこちらhttp://www.ym-g.co.jp
by forest-garden
カテゴリ
全体
ポール・スミザーのガーデン講座
梶みゆきのバラ講座
FOREST+講座
植物
バラ
草木技芸塾
お出かけ・研修
サンドアート
大久保中学校さくらプロジェクト

いきもの
馬ふん堆肥
その他
奥日立きららの里
東日本大震災
近況
日立
茨城県北芸術祭
以前の記事
2016年 03月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
more...
最新の記事
茨城県北芸術祭 つづきのつづき
at 2016-03-14 10:54
茨城県北芸術祭 つづき
at 2016-03-13 11:23
茨城県北芸術祭
at 2016-03-12 21:53
あれから5年
at 2016-03-11 19:06
いろとりどり 
at 2015-10-03 19:10
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
ブログパーツ
ファン
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:草木技芸塾( 7 )

草木技芸塾~植物とコンテナを自身の眼で選んで作品を制作する

f0235624_1850629.jpg

今朝は予想外の雨でした~暑さ寒さも彼岸までと言いますが
最近は暑かったり寒かったり、風が強いかどうか・・・毎日着るものに悩みます。

みなさんのところも春めいてきましたか?
日立市は昨日サクラ・ソメイヨシノが開花しました。
こんなに早く咲くのは、日立に来て初めてです。

さくらまつり、来月の13、14日なんだけど・・・・。

さて、ここのところ年度末で事務処理が佳境だった
復興支援事業などハードな日々でしたが、
先日、久しぶりに草木技芸塾に参加してきました。

f0235624_190091.jpg

この日のテーマは「植物とコンテナを自身の眼で選んで作品を制作する」です。
あらかじめ、松田一良先生がセレクトした4つのタイプの違うコンテナから
自分がこれに植えようと思うものを選んであります。

まず向かったには東京・世田谷区にあるプロ御用達の村田永楽園。
植物は何でもそろうという頼もしい園芸店ですが、
残念ながら一般の方は入れません。

ここで、松田先生のアドバイスを聞き、
あれこれ迷いながら、塾生たちと話しながら自分自身で植物を選びました。
f0235624_19124392.jpg


あっという間に植物選びの時間は過ぎて、渋谷の実習教室に移動です。
が、その前に、この村田永楽園のスタッフYさん、
寄せ植えやハンギングもされていて・・・帰りがけにちょっと見せていただきました。
f0235624_19143452.jpg

いわゆるハンギングもありましたが、私はこの和テイストの寄せ植えが気になりました!
なんともいい感じでした~!
また寄せていただきますね!
f0235624_1916862.jpg


渋谷の教室に移動後は、はじめに松田先生の講義を聞きすばやく実習に移りました。
f0235624_1919308.jpg

みなさんプロですので、植えるのも片づけるのも無駄がない動きで素晴らしい!
お手本にしたいことがいっぱいです。
f0235624_19241245.jpg

松田先生は塾生にアドバイスをしながらもご自身も制作されました。
オールマイティーにつかえるアジアンテイストのタイのコンテナに
ユキヤナギ・ギョウリュウバイを植え、直線的でかつこの寄せ植えを支配する
アルメリアが効いています。
f0235624_19295195.jpg

これはハンギングバスケットの講師をされているIさんの作品。

塾生ひとつひとつの作品を松田先生に講評していただき、
みなさんのレベルの高さを再認識することができました。
f0235624_1931557.jpg

f0235624_1935225.jpg
おなじチュニジアポットでも表情が違いますね。
f0235624_19324554.jpg

春になると園芸店はいろんな色の植物で賑わい始めます。
この時期、目に入る綺麗なオレンジ色に春の暖かさを感じます。
世の中にある人間が作った製品の色には意味があり、
そのほとんどが自然を代表する植物・花から出発しているということを
あらためて考えることも大切です。

そうなんです、ペットボトルのキャップの色も。

f0235624_19393929.jpg

綺麗な赤、これは前日に飲んだイチゴのフローズンカクテル~美味しかった!

今回もとても勉強になった草木技芸塾、みなさんありがとうございました!

ちなみに私が植えたのは
       ラナンキュラス・ホワイト
       オステオスペルマム・ザイールバリエガータ
       エスコルチア・ミニチュアサンデュー
       ヒューケラ・シャンハイ
       トリアシスミレ

モダンでオシャレだとほめていただきました~!あはは、お世辞?
by forest-garden | 2013-03-22 19:56 | 草木技芸塾

御無沙汰していました!関西へ!~その4

f0235624_1685582.jpg

たいへん御無沙汰をしてしまいました。
気がつくと昨日は冬至、すでにクリスマスは目前、お正月もそこまで来ています。
今年もまた、あちゃ~!の年の瀬です。

みなさんは計画どおりに年末を過ごせそうですか?
今日は冷たい雨が降っています、
仕事の予定が変更になり雑用の合間に久しぶりの更新です!

さて、御無沙汰している間にもいろんなことが目まぐるしくありました。
そんな中、今年は剪定作業をしたオリーブの木で
ガーデン事務所のクリスマスリースを作ってみました。
来年は、オリーブを使ったリースを講座で作りましょうか~なんてね。

もう忘れそうな・・・京都の続きです。
f0235624_16244651.jpg

松田一良先生門下の草木技芸塾一行の京都研修2日目は東福寺からスタートしました。
いいお天気と50年ぶりの美しい紅葉のピークが連休と重なって
お寺とは思えないほどの人、ひと、ヒト・・・。
f0235624_16284745.jpg

本当に美しい紅葉で、感動ものでしたよ。
f0235624_16334127.jpg

でもね・・・すごい加重で通天橋が落ちやしないかとちょっと心配にもなりました。
f0235624_1635379.jpg

紅葉ももちろん素晴らしいのですが、東福寺の魅力でもあります
作庭家重森三玲の有名な方丈「八相の庭」もよかったぁ~!
方丈とは禅宗寺院の僧侶の住居のことですが応接の役割の建物であったらしいです。
f0235624_16442551.jpg

東庭は北斗七星の庭とも言われていて、小宇宙を表しているらしい。
石は旧便所の柱石の残りを使ったいるのだそうです・・・お賽銭が、なぜ?
f0235624_16482891.jpg

枯山水庭園の南庭
f0235624_1652189.jpg

私の大好きな東山魁夷画伯の絵で知った北庭
f0235624_16552150.jpg

東福寺はとっても広かった!こんなに広かったとは知りませんでした。
f0235624_1701237.jpg

国宝の三門、登れるのかと思いきや檀家さんでないとだめとのことでした。残念。
東福寺の敷地にある雪舟庭園にも行きました。
f0235624_174790.jpg

f0235624_1751621.jpg
f0235624_1762826.jpg

駆け足で回った2日間の予定もいよいよ終りに近づきました。
松田先生ありがとうございました!
f0235624_1791666.jpg

このあと昼食へ!

つづきはまた~!

いまから会社の忘年会へGO!
by forest-garden | 2012-12-22 17:11 | 草木技芸塾

関西へ!草木技芸塾・晩秋の京都庭園の旅~その3

f0235624_20184654.jpg

手元に年賀状の包みが届き、今年もまたバタバタの年末の予感です。
今日は久しぶりにお天気になり、ガーデンに残っていた球根を植えよう!と考えていたものの
あれこれとやっているうちにとうとう暗くなってしまいました。

みなさんは、球根ちゃんと植え終わりましたか?

さて、上は先日の雨上がりのガーデンのロウヤガキ・老爺柿、ちょっとかわいいでしょ。

柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺・・・・・
いやいや、これは奈良、まだ京都の話の続きでした~。
f0235624_20324264.jpg

鷹峰三山を見下ろす景勝地の光悦寺は
本阿弥光悦の一族縁者の住まいがあったいわば工芸村のようなところ。
f0235624_20394174.jpg

特徴ある垣根の光悦垣はとても有名ですね。
f0235624_20413272.jpg

境内にある光悦翁の墓碑に芸が向上しますようにとお願いして後にしました。

光悦寺のお次はぞろぞろと混雑を歩いて直ぐ近くの源光案庵へ
f0235624_2048740.jpg

中に入っても人、人、人!
f0235624_2049271.jpg

ちょうど陽が傾いてきたので、西日に照らされて綺麗でした!
f0235624_20523259.jpg
f0235624_2053257.jpg

本堂には丸い型の「悟りの窓」と角型の「迷いの窓」がありました。
f0235624_20553259.jpg

悟りの窓は円型に「禅と円通」の心を表し、円は宇宙なのだそうです。
迷いの窓は角型に「人間の生涯」を象徴、
生老病死の四苦八苦を表しているもだそうです。
f0235624_20592776.jpg

すばらしい紅葉にうっとりでしたが、私は気になったものがありました。
f0235624_2104546.jpg

入口の立て札・・・何だろうと。
f0235624_2122646.jpg

1600年に徳川家康の忠臣が石田三成の軍勢との交戦で380人が自刃したときの
痕跡とか・・・。
うっそ~と、天井を一生懸命見ていたのは男子大学生と私だけでした。

そして京都庭園の旅1日目も過ぎていき、夕食懇親会へ。
f0235624_21125835.jpg

京町屋を改築したおしゃれな串焼きやさんでたくさん食べて
f0235624_21143664.jpg

ホテルに戻ってみなさん歩き疲れて爆睡でした~!

お疲れさま!
まだまだ2日目がありますよ、飽きないでついてきてね。
つづく。
by forest-garden | 2012-12-05 21:16 | 草木技芸塾

関西へ!草木技芸塾・晩秋の京都庭園の旅~その2

f0235624_1837910.jpg

今年もいよいよ師走に突入しました!
それに合わせて先日は突然冬がやってきました。
夜の10時頃に仕事を終えて事務所を出たら、
あたり一面がキラキラ!降ってた雨が上がって凍っていたんですよ。
それもそのはず、日立の北部は初雪が舞っていたそうです。

上の寄せ植えは今週末にここから車で1時間ほどの常陸大宮市の
緑隠雪村庵で開催の講座サンプルです~寒いけど頑張りましょうね!

さて、なかなか先に進まなかった京都の庭園の旅の続きです。
昼食後に訪れたのは洛北の圓通寺
f0235624_18505137.jpg

もともと皇室の祈願所ということもあり門外不出の
霊峰比叡山を借景とした枯山水の庭園の美しい景観です
f0235624_18545948.jpg
f0235624_18555797.jpg
f0235624_18562768.jpg

訪れた時には雨が落ちてきそうなお天気でしたが
時折、太陽の光がさして見事な美しさでした。
説明の御住職の語り口が独特で・・・
あ、そうそう、生垣には50種類の植木が混ざっています。

撮影が制限されていたので、ちょっと残念でしたね・・・。

お次は上賀茂の社家・西村家庭園へ
f0235624_1933363.jpg

江戸時代の上賀茂神社の大きな社領を背負った神官たちが明神川沿いに
家を構えた社家町・・・いまの社宅的な感じですね。
家の庭にわざわざ曲水の宴のための小川をとり入れ、再び川へ戻す工夫や
神事の前に身を清める井戸(下の写真)もあるという興味深い庭園でした。
f0235624_1984144.jpg

庭に見られたかわいいシダはココだけに見られる「カモシダ」という原生種
f0235624_19151475.jpg


もっといろいろ近くでみたいな~なんて思うのですが
f0235624_19122284.jpg

そうですよね~。
f0235624_19161360.jpg
f0235624_19171049.jpg
このあたりは文化的景観の保護地区でとても素敵でしたよ。

そして、まだまだ1日目てんこ盛りの旅は続くのでありました~!
え~っと、次はたしか、光悦寺だったと。

では、また。
by forest-garden | 2012-12-04 19:21 | 草木技芸塾

関西へ!草木技芸塾・晩秋の京都庭園の旅~その1

f0235624_18435938.jpg

ぐぐっと気温が下がりいよいよ晩秋ですね。

みなさんはインフルエンザの予防接種しましたか?
私は1週間前に接種しました~なんだかとても痛く感じました。
今年は何型が流行するのでしょうか・・・。

さて、その予防接種をすませ、茨城空港から関西へ行ってきました!
先週の連休、今年は紅葉がドンピシャにもってきて
神戸マラソン、大阪マラソン、大学祭、うめだ阪急百貨店グランドオープンと
関西はすごい賑わいでした。

まずは神戸の実家で前泊、
「草木技芸塾・晩秋の京都庭園の旅」へ参加してきました。
11月24日朝10時に新幹線八条口に集合!
地元の友達に「今日の京都は車よりも歩くほうがましってラジオで言うてる」と
アドバイスを受けましたが、事務局手配のタクシー2台に分乗して、
松田一良先生と全国津々浦々から参加の塾生14名の旅がはじまりました。

f0235624_19283512.jpg

最初に訪れたのは洛北「蓮華寺」
鯖街道として知られている国道367号線沿いにあります。
山門を入るといきなりのモミジ!先制パンチでやられてしまいました。
f0235624_19343326.jpg

小さめのお寺ですが、書院から見る池庭には舟形の岩石を配して
向こう岸の浄土の蓬莱山に向かってこぎ出す様子を表しています。
f0235624_1939090.jpg

しかし、この舟形の舳先が本堂に向かっているので・・・
真の理想はいま生きている日々の中にこそあるのだと示しているのだそうです。

ん・・・難しい、京都の庭園学・・・。
ですが、松田先生は庭は「見る」だけでなく「感じる」ことが大切と
今回の旅のテーマとされました。
f0235624_19481036.jpg

こんな感じが好きですね~。
f0235624_19493068.jpg

とてもしっとりと落ちついた蓮華寺をあとにして、
お次は松田先生のてがけられたノーザンチャーチ北山教会ガーデンへ
f0235624_19545663.jpg

この教会は都市部の植栽として四方を緑で囲み異空間を感じる施設です。
f0235624_19573230.jpg

本来ならチャペルの中庭や施設の様々な植栽を見学することになっていたのですが、
この日は分刻みのスケジュールになっていて、
挙式中の出入りが制限されていて結局中に入ることを遠慮しました。
f0235624_2014631.jpg

そして、ランチは塾生の仲間でもあり、今回の旅をコーディネートして下さった
地元京都のKさんが植栽を手掛けているフレンチのルルソンギボアで。
f0235624_2063151.jpg

京野菜を使った美味しいフレンチを頂きながら
松田先生の御挨拶と参加者の自己紹介を兼ねた近況報告。
それぞれ御活躍の方ばかりで、楽しい旅のはじまりとなりました。
ワインで乾杯!
f0235624_20112018.jpg

またまたてんこ盛り~京都庭園の旅はまだまだ前菜が運ばれてきたばかり
デザートまで無事にたどり着くことができるでしょうか・・・。

つづく。
by forest-garden | 2012-11-29 20:14 | 草木技芸塾

草木技芸塾~自然を写生する

f0235624_15124785.jpg

今朝は気温も高く蒸し暑く、梅雨らしいなあ~と思ったのですが
空を見上げると、青と雲の白が面白い模様を作っていて
まるで梅雨明けしたかのようにまぶしい日差しでした。

みなさんのところは大雨大丈夫ですか?
九州では被害が出ているようですし、首都圏では地震もありましたね。
自然の脅威、何とかならないのかな・・・・と思う。

さて、先週のことコンテナ園芸の松田一良先生主宰の
「草木技芸塾」に参加してきました。
f0235624_15263381.jpg

今回のセミナーは午前中に松田先生の
「小樹木と下草の基本的なコンテナガーデンのバランス」についての講義で
自然の野山にある植物の生態を見ること、常に観察をして植生環境を
コンテナガーデン制作の基本とすることなどを学びました。
f0235624_15353561.jpg

講義用に先生が3週間前に制作した寄せ植えです。
f0235624_15433277.jpg

50年ほど前に奥多摩地方でプラントハンターたちに発見されて
一大ブームとなったウチョウラン。
f0235624_15455484.jpg

これ遊び心で先生が飾った本物のダイコクシメジです。

午後からは講義内容を踏まえた実技
「新緑のカエデと季節の洋花下草を寄せ植えてみる」でした。
f0235624_15485332.jpg

これは先生の見本です。
主材料はカエデ、5種類をくじ引きで決めました。
季節の下草はアガパンサス、カワラナデシコ、ベアグラス、コクリュウ、ホスタ。
f0235624_15563926.jpg

コンテナに軽石やパーライト粒を敷きこみ、培養土を入れます。
f0235624_1559233.jpg

根が固まっている根鉢を根切りヘラで切り戻し、
左右前後のバランスを見ながら定植していきます。
私のカエデはベニシダレだったので、下草とのバランスが難しかった・・・。
f0235624_1631259.jpg

今回の実技は植栽の基本・直立形ということで
直立線上に植物を立てて植えるということを学びました。
あくまでも基本の植栽を理解してから創意工夫で楽しむことの
大切さも学んだ気がしました。
f0235624_1682063.jpg
f0235624_1692228.jpg

参加者は富山、香川、名古屋、静岡、群馬など
それぞれ第一線で活躍されている先生方たちもいました。
ひとりずつ松田先生が制作指導、
朝10時から夕方5時まであっという間のセミナーでした。

ガーデンでつながる多方面のかたのお話を聞くのも
セミナーの魅力のひとつです。
今回もまた、がんばらなきゃ~と思いましたよ。
f0235624_16144327.jpg

はい、これはセミナーからガーデンに来た実技で作った寄せ植えです。
背の高いコンテナが合うのではということで、
さっそく高さのあるコンテナにしてみました。

ガーデン事務所のとなりの玄関をお借りして撮りました。

う~ん渋いかも。
ちなみにこのホスタはトワイライトです。

あっ、今日からいよいよサンドアート作業はじまります~!

河原子海岸へGO!
by forest-garden | 2012-07-03 16:22 | 草木技芸塾

苔玉を作りました~草木技芸塾が開講

f0235624_21334823.jpg

今日はお天気が下り坂、なかなか春の穏やかな日が続きませんが
ひと雨ごとに庭の草木が待ちかねていたように
新しい芽を吹くのは楽しみです。

みなさんのところも次々と花が咲いていますか?

さて、そんな草や木、自然の美しさを身近に取り入れるための
勉強会である松田一良先生の「草木技芸塾」が開講しました。

まずは先生のデモ用のコンテナガーデンを用いた講義。

常々野山を歩き、自然の中の景色の成り立ちに目を向け、
1つの樹、1つの草がそれを構成していることを知ることが大切。
様々な寄せ植えの極意の講義でした。
f0235624_222429100.jpg

カラーリーフとブロンズリーフを用いた寄せ植えはシックでおしゃれ。
このサルビア・ファーストセンセーションもいい感じ~。

講義の後、第1回目の実技は苔玉制作でした。
f0235624_22272671.jpg

ケト土にお水、富士砂と赤玉土を少し混ぜてこねて・・・
なにか洋菓子作りのような感じですね。
f0235624_22314293.jpg

きれいにこね上がったら、小さな塊を作ってハゼの根を広げながらつけていきました。
制作中は写真がとれないので過程がわかりにくいのですが・・・
f0235624_22341496.jpg

松田先生の作られたこの苔玉は10年ものだそうです、凄いですね~。
f0235624_22332860.jpg

f0235624_2236218.jpg

ハイゴケを張って、ワイヤーをグルグル巻いて、玉の形を整えて
f0235624_22364184.jpg

お水をかけてきれいにして出来上がり~。
f0235624_22385038.jpg


時間いっぱい夢中で作りましたがなかなかの出来でしたよ。
今回の塾には四国や長野、すでに第一線で活躍されている方も参加
いろんな刺激をもらった1日となりました。

塾の後はみなさんと会食、
またまた美味しいイタリアンをワインでいただきましたが、
忘れないうちにちゃんと復習しとかないとね~。
by forest-garden | 2012-04-22 22:45 | 草木技芸塾