茨城県日立市にある会社のガーデン部門でガーデンプランナーをしています。日々の雑感や作業などのつぶやき、地域の情報を発信します。HPはこちらhttp://www.ym-g.co.jp
by forest-garden
カテゴリ
全体
ポール・スミザーのガーデン講座
梶みゆきのバラ講座
FOREST+講座
植物
バラ
草木技芸塾
お出かけ・研修
サンドアート
大久保中学校さくらプロジェクト

いきもの
馬ふん堆肥
その他
奥日立きららの里
東日本大震災
近況
日立
茨城県北芸術祭
以前の記事
2016年 03月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
more...
最新の記事
茨城県北芸術祭 つづきのつづき
at 2016-03-14 10:54
茨城県北芸術祭 つづき
at 2016-03-13 11:23
茨城県北芸術祭
at 2016-03-12 21:53
あれから5年
at 2016-03-11 19:06
いろとりどり 
at 2015-10-03 19:10
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
ブログパーツ
ファン
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:バラ( 8 )

バラの鉢替え

f0235624_18493410.jpg

子供のころ「2月は逃げる」と大人たちが話していて、
訳がわからなかったけど、ホントに早く過ぎてしまう!

先日打ち合わせと食事をしたホテルのロービーには
お雛様が飾られていました。
ホテルにしては小さめですが、季節の室礼はいいものですね。

みなさんのところはお雛様出しましたか?
うちは恵方巻きに心が奪われて、出すのを忘れてました!
今からでもいいかな・・・・。

さて、バラの植え替えや鉢替えはすみましたか?
f0235624_18583012.jpg

毎年同じような画像ですが、
赤玉、腐葉土、牛フンなどの堆肥を各3:3:3
炭、かきガラ、鶏ふん油粕が1
鉢底石をネットに入れてものを準備して鉢替えです。
f0235624_1961484.jpg

鉢から抜くと、一年でこんなに根っこがまわっています。
f0235624_1981714.jpg

鉢底ネットをしっかりつかんだ根っこです、丁寧に取ってあげました。
f0235624_19102246.jpg

新しい鉢底石のネットを入れて、植え替えです。
f0235624_19113080.jpg

現在鉢替え終了したバラ鉢は約30です。
後少し、残りと地植えの植替えがあります。
f0235624_19124052.jpg

まだまだ寒い間はバラの作業時、
みなさん風邪引かないように頑張りましょうね。

そんな外作業で冷えた体を温めてくれるのが
Kさんのお家で採れたレモンでつくるレモネードです。
f0235624_19170100.jpg

こんなきれいで美味しいレモンがたくさん実るんですよ御自宅で。
マイヤーレモンだったかな~。ホントに美味しい!

うちはなかなかレモンが育たなくて・・今年も再度挑戦してみようかな。
あっ、またクロアゲハの餌になっちゃうんだろうな・・・・。

では、また。
by forest-garden | 2013-02-11 19:26 | バラ

バラのミニ講演会

あれよあれよというまに10月も半分過ぎて、
今週末にはうんと気温も下がるようですよ。
みなさんのところは木々の葉っぱも色づいてきましたか?
今年の紅葉はやっぱり少し遅いようですね。

さて、長崎シリーズがまだまだ途中なんですが、
今日は、一昨日に行ってきたバラのミニ講演会のお話しです。
f0235624_17242475.jpg

日立市民文化事業団・第148回文化サロン~ミニ講演会~
「バラの魅力と楽しみ」茨城バラ会・中村昭良氏が講師でした。

会場は無料ということもあり100人近い参加者、
年齢層はちょっと高めかな~、御夫婦の方も何組も。

講師の中村さんは神社の宮司さん、バラに魅せられた子供のころから
現在に至った経緯などをバラの品種を紹介しながらのわかりやすいお話しでした。

f0235624_19351527.jpg

この赤いバラはその名も「ひたち」日立出身のブリーダーが作出、
日立市の日立製作所多賀病院に植えられているそうです。

1時間半の講演会はあっという間に過ぎ、
香りの話で登場した、ティー、ミルラ、ダマスクを実際に嗅ぎわけることが
できるようにと、会場にはバラが一輪ずつ飾ってありました。
f0235624_19411232.jpg

ティーの香りがお茶のことだと、一緒に行ったRちゃんは初めて知り、驚いていました。
f0235624_1944413.jpg

クンクン、と順番に香りを嗅いでみました~どれもいい香り!
「持って帰ってもいいですよ~」の主催者の一言で、あっというまになくなりました。
f0235624_1948057.jpg

どれも立派で美しいバラでした~。
f0235624_19491721.jpg

私は最後になってしまったのですが、青いバラを頂くことができました。

えっ~、青いバラが一番珍しいのに、どうして?

どうもバラはやっぱりピンクが一番人気なんですね~。

さあて、いよいよ27日は梶みゆき先生のバラ講座の開催です!
秋バラを楽しんだ後、春までの作業のお話しに加えて
今回はバラを使った寄せ植え、生ごみ米ぬか発酵堆肥づくりのお話しもありますよ。

みなさんの御参加をお待ちしております~!
お申し込みは茨城県県北生涯学習センターまで。
by forest-garden | 2012-10-15 20:05 | バラ

バラの植え替え~やっと終わりました

昨夜は突然の雷と雨、強風も重なって春の嵐となりました。
きっと神様が、3.11のことを忘れないように、
鎮魂と戒めのための合図を送ったにちがいない・・と感じました。

一夜明けて今日は久しぶりのいいお天気でしたが、
冷たい風がビュンビュンで、花粉も飛ぶ飛ぶでした。

みなさんのところも花粉飛んでいますか?
今年は少ないと言いますが、どうでしょうね。
f0235624_18154185.jpg

上は昨年の秋に記念植樹をさせていただいた
O中学校のしだれ桜の大きくなってきた花芽と
一緒に植えたオーニソガラム・バランサエです。
3.11にこれからの日々が明るくなるような、
希望を見つけたような気がしますね~。

さて、バラの植え替えがようやく終了しました。
本来はもう少し早く完了しなくてはいけないんですけどね・・・。
f0235624_18232989.jpg

震災で鉢がひっくり返って、お水も出なくてあげられず・・
そんな状態が続き、その影響で猛暑を耐えきれなかったのか、
結局、鉢は半分近くに減ってしまいました。
f0235624_18271179.jpg

赤玉土・・仕事で使った残りなどで中粒・小粒・細粒が混ざっています。
そして腐葉土、馬ふん堆肥を同じ割合で混ぜます。
それにくんたんと油粕などを混ぜ込んで基本の用土を作ります。
f0235624_18311673.jpg

虫の侵入を防ぐためにも鉢底にネットに入れた石を敷きます。
f0235624_18325498.jpg

ひと鉢ずつ丁寧に植え替えていきます。
f0235624_18341649.jpg

植え替えが終わった鉢の一部ですが、
白くなっているのは牡蠣がら肥料です。
お水をあげて完了です~。

きれいな花を咲かせて下さいとお祈りするような感じですね。

今年はたくさん咲くでしょうか・・・。
by forest-garden | 2012-03-12 18:37 | バラ

バラの作業~接ぎ木

今日は午後から雨になりました。
乾燥している空気がしっとりして、お肌にもよさそうな感じです。

みなさんのところは雨ですか?
それともまたまた雪でしょうか・・・・。

さて、「梶みゆきのバラ講座」もあと2週間後となりましたが、
バラと言いますと園芸のオフシーズンの
この時期に適した様々な作業があります。

植え替えや剪定、消毒もそうですが、
先日、接ぎ木をしましたのでご紹介しますね。

f0235624_1881968.jpg

f0235624_189927.jpg

ノイバラの台木の形成層にナイフでそいだ穂木を合わせて
テープで巻きパラフィンをかけます。
それを赤玉土細粒、挿し木の用など栄養分のない土を鉢に入れて仮植えをします。
f0235624_18154491.jpg

仮植え鉢を濡らした新聞紙でくるみます。
f0235624_1820549.jpg

f0235624_18181679.jpg

新聞紙の上からバスタオルで巻きます。
f0235624_18213715.jpg

バスタオルの上からビニール袋をかぶせます。
このまま湿度80%を保って、暖房のない室内で3週間。
芽が動き出すまでただただ管理して待ちます。

今回はハーマイオニー、レクシー、ジュド・オブ・スキュアを接ぎ木してみました。


ちなみに昨年接ぎ木をしたものは、
f0235624_18372348.jpg

左がナローウォーター、右がコーネリアです。
震災で鉢は全てひっくり返り、断水でお水もあげられなかったのですが
元気に育っています~バラって丈夫!
f0235624_18395312.jpg

なんだかVサインのような、力強さを感じますね。

今年もどうかうまく育ってくれますよーに。
by forest-garden | 2012-02-06 18:43 | バラ

バラの挿し木

f0235624_17212981.jpg

今日は先日からのポカポカ陽気から一変、曇り空で寒い1日となりました。
春に向かって一歩ずつと言う感じでしたが、
今夜は関東地方でも雪になるところがあるそうです。

みなさん、今夜は冷えますよ。

さて、昨日はバラの接ぎ木についてご紹介しましたが
今日はバラを増やすもう一つの方法、挿し木についてです。
たぶん、花束の中にあるバラや、庭先でいただいたバラなどで
一度は挿し木をした方も多いはず。
意外と簡単に挿し木苗ができた、何回やっても成功しない・・・
それぞれだと思いますが、
ほぼ、たぶん、きっと、成功している挿し木についてご紹介します。

昨年の11月にいただいたバラで挿し木をしてみました。

発砲スチロールの浅い箱に苗床をつくります。
底に穴をあけて軽石をネットに入れてひき、
鹿沼の細粒、赤玉の小粒などを5センチくらいまで入れます。
私は挿し木用の無菌土を使います。
f0235624_17385296.jpg

これは約1ヶ月後の挿し木の様子
芽が動いて少し出てきているのがわかります。
f0235624_1735156.jpg

まず、水にミリオンなどをいれて一晩つけておきました。
斜めにきれいなハサミでカット、葉っぱもカットして
光合成しやすいように斜めにしっかりと苗床にさしました。

そして、じっと待つこと2ヵ月、
気になるのはわかりますが、どうなっているかな~って、
鶴の恩返しのように、決して見てはいけません。
ただお水をあげて見守るだけ。
f0235624_1843070.jpg

1月末に葉っぱがめでたく出てきたので
先日鉢に植え替えました、そーっとそーっと。

f0235624_17561985.jpg



1年はそのまま鉢植えで育てます。

接ぎ木した苗はどんなバラにも可能ですがウィルスに感染しやすく
挿し木した苗は適用できないバラがありますがウィルスに感染しにくく
長生きするのだそうです。

どちらもすくすく育つと嬉しいですが、
自分のためだけに増やすことをお忘れなく。
f0235624_1722274.jpg

挿し木にしたバラはERのローズ・マリーでしたが
このバラの中にあったのかな・・・・。
by forest-garden | 2011-02-08 18:37 | バラ

バラの接ぎ木

f0235624_1917729.jpg

今日は昨夜降った雨のおかげで久しぶりにしっとりとした朝を迎えました。
昼間はいいお天気で山のほうに目をむけると
春霞のようにモヤっていました・・・ん?花粉かな?

みなさんも花粉症の症状出ていますか?

さて、冬からいよいよ春に向かい
このお仕事もシーズンの到来ですが
冬の間にも各方面で準備をしなくてはならないことがたくさんあります。
ロザリアンはバラの植え替えもそうですが
接ぎ木も冬の作業のひとつです。

私はバラについては梶みゆき先生に教わっていますが
先月接ぎ木作業をしました。
f0235624_19271078.jpg

接ぎ木は主に台木としてノイバラの実生1年目の苗木を使います。
市販されているものではありませんのでみゆき先生が調達してきてくださいました。

穂木もみゆき先生のお庭やアシスタントの方のお庭などのバラ。

たくさんの種類の中で、どれにしようかと迷いましたが
コーネリア ナローウォーター ティーチングジョージアにしました。

ナローウォーターはオーストラリアにあったバラよ、とみゆき先生がおっしゃいました。
ご一緒したのですが、うっつ、記憶がない???どのバラだったの??
それで最初の画像はオーストラリアのお庭にしてみました。

作業中は一生懸命で画像がありません。
無事に作業が終わって仮植えです。
f0235624_19484727.jpg

赤玉土の小粒または細粒 腐葉土をまぜた用土に植えますが
私は挿し木用などの無菌土を混ぜています。
室温が5度以上、10度以下の安定した所で湿度を70%を保てるように管理します。
f0235624_19545987.jpg

濡らした新聞紙で囲います。
f0235624_1956632.jpg

すっぽりとポリ袋をかぶせます。
バスタオルなどでその前に包むとよいのですが、忘れてしまいました!
f0235624_19581734.jpg

あわてて近くにあった仕事で使う袋をかぶせました。
最初から用意していたみたいでしょ~。

この状態のまま2週間後にトレーにお水をあげます。
もちろん湿度が保てるように時々は様子をみて霧吹きで新聞紙を湿らせていますが。
1ヵ月~40日後に芽が5センチくらいに伸びていたら覆いを取って
窓際に移してあげて4月から5月に植え替えです。
f0235624_2035354.jpg

この鉢は昨シーズンの挿し木 デュセス・ド・アウェルシュタッド
猛暑も乗り切り育っています。
f0235624_2064068.jpg

接ぎ木の痕がまだちゃんと残っています。

接ぎ木で育つ確率は5分5分かな?
でも、買ってきた苗よりも愛着が出るのは自然の感情で
育っていく苗を見ていると命ってすごいな~と思います。

接ぎ木の材料を調達して下さったみゆき先生、
とっても寒い日だったので大変だったと思います。
ありがとうございました!

がんばって3つのバラ苗、育てま~す。
by forest-garden | 2011-02-07 20:17 | バラ

バラの植え替え 

今日はお天気ですが、風が冷たい1日でした。
北の方角の空を眺めると雪が降りそうな雲が出ていました。

みなさんのところは初雪は降りましたか?
ここはまだ雪は降っていないんですよ。

さて、今年も残り少なくなってきて焦ってきました。
何から手をつけていいのやら・・・って感じですが、
まずは鉢植えのバラの植え替えを片づけてしまわないとね
f0235624_2031532.jpg

上のバラはバフ・ビューティーですが、まだ咲いているんですよ。
かわいそうな気もしますが、お花も採って葉っぱもむしって冬支度です。
f0235624_2065424.jpg

鉢植えのバラの基本用土は腐葉土・赤玉土・肥料分として堆肥、
くん炭などを混ぜ合わせて作っています。
午後から始めた作業、バラの鉢は15個くらいなので大丈夫だと思っていたら
だんだん薄暗くなってきて・・・。
f0235624_20173069.jpg

気がつくとあたりは真っ暗~!寒いのなんのって!
でも、ここの外は照明がつくのでがんばって15個完了しました!
f0235624_20181762.jpg

明日、明るくなったら、あっちゃ~ってことあるかもしれないけど
鉢替えが終了してホッとしています。
f0235624_200295.jpg

摘んだお花は部屋の中でいい香り、作業の疲れと寒さも忘れます。

まだまだバラは勉強中。
あとは地植えのバラの作業、剪定、誘引があります~。

葉っぱをむしってしまうのは光合成をさせないでしっかりと根を張って
バラの花が一気に咲くための手助けのようなもの。
葉っぱをとらないと、4月には花が咲きだします。
梶みゆき先生によると、これはお手入れをしていない証拠なのだそうです。
 ドキっ!
なんでもお手入れが後に出るんですね・・・。

 明日も頑張ろう!
by forest-garden | 2010-12-27 20:39 | バラ

茨城県民の日なのでバラ

今日11月13日は茨城県民の日
廃藩置県の日に初めて茨城という名前がついたので
それにちなんで県民の日となったそうです。

みなさんのところは県民の日はいつですか?
わたしの育った兵庫県には県民の日ってなかった気がする・・・

さて、茨城県の花はバラです。
ということで、今日咲いているバラをご紹介しましょう。
f0235624_2034133.jpg

ザ・ファウン
f0235624_207173.jpg
f0235624_2084253.jpg
f0235624_20145825.jpg

上の3つのバラは名前が分からないのですが、毎年花を咲かせてくれます。
f0235624_2092579.jpg

クラウン・プリンセス・マルガリータ Crown Princess Margareta
f0235624_20111562.jpg

かわいいローズヒップはロサ・グラウカ Rosa glauca ロサ・ルブリフォーリア Rosa rubrifolia
f0235624_20115251.jpg

ロサ・キネンシス ヴィリディフローラRosa chinensis var. viridiflora
f0235624_2013352.jpg

マダム・ジョゼフ・シュヴァルツMme Joseph Schwartz
このバラと一番最初のザ・ファウンは梶みゆき先生のバラ講座で使用したバラ
まだまだたくさんの蕾が上がってきています。
楽しみです~。

その梶みゆき先生のバラ講座にも来て下さった、
バラの先輩がこのたび本を出版されました!
f0235624_20335029.jpg
f0235624_20341267.jpg

とても参考になる内容がてんこ盛り!ぜひ読んでみてくださいね~!

茨城県は先日都道府県魅力度で2年連続で47位になったらしい。
自分の魅力に気が付いていない、ただそれだけなんじゃないのって感じです。
がんばろうね!イバラッキー! ん?なにそれって言わないで~。
by forest-garden | 2010-11-13 20:51 | バラ