茨城県日立市にある会社のガーデン部門でガーデンプランナーをしています。日々の雑感や作業などのつぶやき、地域の情報を発信します。HPはこちらhttp://www.ym-g.co.jp
by forest-garden
カテゴリ
全体
ポール・スミザーのガーデン講座
梶みゆきのバラ講座
FOREST+講座
植物
バラ
草木技芸塾
お出かけ・研修
サンドアート
大久保中学校さくらプロジェクト

いきもの
馬ふん堆肥
その他
奥日立きららの里
東日本大震災
近況
日立
茨城県北芸術祭
以前の記事
2016年 03月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
more...
最新の記事
茨城県北芸術祭 つづきのつづき
at 2016-03-14 10:54
茨城県北芸術祭 つづき
at 2016-03-13 11:23
茨城県北芸術祭
at 2016-03-12 21:53
あれから5年
at 2016-03-11 19:06
いろとりどり 
at 2015-10-03 19:10
お気に入りブログ
最新のコメント
> yoneさん 5年..
by forest-garden at 10:13
お疲れ様・・・・・
by yone at 19:22
katatakaさん ..
by forest-garden at 13:24
FORESTさん おは..
by katataka at 09:51
katatakaさん こ..
by forest-garden at 17:00
FORESTさん 待って..
by katataka at 23:51
こんにちは、ご無沙汰して..
by momo at 18:03
momoさんへ (もし..
by forest-garden at 12:07
合格おめでとうございます..
by forest-garden at 09:29
先日 娘がお世話になりま..
by yone at 20:27
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
ブログパーツ
ファン
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


茨城県北芸術祭 つづきのつづき

f0235624_21023383.jpg
茨城県北芸術祭のプレイベントがようやく日立市で開催されました。
3月5日に日立シビックセンターにて事前申し込み定員100名、
満席のシンポジウムとなりました。
地元ということもあり、もちろん知り合いの参加もありました。
総合ディレクターの南條氏のお話を初めて聞く方がほとんどで、
いったいどんな芸術祭なのか?と興味津々。
f0235624_21125678.jpg
メディアも取材している興味津々な空気を読んで、
南條氏も丁寧に概要をお話しされました。
1991年に茨城県北地域で開催されたクリスト・アンブレラプロジェクトの話や
1994年から開始された茨城県主催のアーカスプロジェクトの話なども交えて
現代アートとこの芸術祭の意味などを紹介されました。
f0235624_21282467.jpg
今回のシンポジウムのテーマは
「アートというマジック~見えないものを見せる技」
参加アーティストは「現代の魔法使い」といわれる
最近テレビでも見かける落合陽一氏
フィリピンからアーティストのイアン・カルロ・ハウシャンさん
マニラの美術館館長のホセリナ・クルスさんが参加
もちろん通訳の方お二人。

最初に落合氏の作品映像、さすがに天才といわれるだけあって
これがアートなのか科学なのかマジックなのか・・・という感じ。
f0235624_21361920.jpg
イアン・カルロスさんも今までの作品を映像紹介されたのですが
前日に日立に入り、海岸沿いを作品構想のために視察
生まれて初めて、海にいて寒い体験をすることができたと話されてました。
f0235624_21391616.jpg
後半はアートトークでした。
現代アートと科学のかかわり、この芸術祭での可能性や方向性、
そして開催地である茨城の話になり
落合氏は茨城は独立国みたいなものだと言ってました。
おなじような距離感の長野県の人はとにかく良く東京にでるけど
茨城の人は東京にでない、それは全部自分の県で済ますことができるから。
f0235624_21450403.jpg
作品は現実とそうでないものの境界線をなくすとか
全てがコンピューターで済ます時代がきて
人間がコンピューターに操られる、とか
牛を育てなくても牛肉を食べる時代がきているとか
どんどん難しい内容になっていくのでしたが
今の現代アートのことが少しわかってきて
面白くなってきました。

茨城県独立国説にうんうんと納得する一日でした。

あと半年ちょっと
わくわくするような芸術祭になるといいな~。
でもね、結局茨城県北の振興って何なのかな?
考えることも大切だよね。



[PR]
# by forest-garden | 2016-03-14 10:54 | 茨城県北芸術祭 | Comments(0)

茨城県北芸術祭 つづき

f0235624_20175534.jpg
茨城県北芸術祭の開催がいよいよ7か月後となった2月末に
常陸太田市でのプレイベントに参加してきました。
会場となった常陸太田市総合福祉会館は温泉もあるユニークな建築物で
柱に伐採した地元の樹木を使用、近未来的な雰囲気が漂っています。
使った樹木がどこでどのように育っていたかがわかる写真がついていました。
f0235624_20293664.jpg
県北芸術祭キュレーターの四方幸子氏から芸術祭の概要と
東京で行われたプレスリリースの話、決定している参加アーティストたちが
県北6市町のどこに展示するかの視察をおこなっていること、
一般公募作品97点の中から5作品が採択されたこと、
現在の進捗状況などの紹介もありました。
「アートが開く~日常から、そして日常へ」がテーマのアートトークには
アーティストのイザベル・デジューさん、ピウス・ジギット・クンチョローさん
そして通訳の方。
それぞれのいままでの作品映像が紹介されました。
f0235624_20382406.jpg
f0235624_20385618.jpg
どちらのアーティストも子供たちが作品の一部として重要な役割をはたしており
海外ならではの感覚や国の違いを感じる作品でしたが
茨城県北地域で開催される芸術祭、
子どもたちにアートを実感してもらうまたとないチャンス!
なんとかライブで子供たちが作品やアーティストとふれあう機会を
つくってもらえれば~。
f0235624_20451855.jpg
アートトーク終了後に交流会があり
子どもたちのことお話ししてみました。
若いスタッフの方とお話しできたことがとてもよかったです。
いろんなこと、ついつい疑問なことを聞いてみたのですが
「それ、アートあるあるなんです」だそうです。
そういうことね~と妙に納得した一日でした。

さて、次回は日立市でプレイベントです。

ん~アートの前に英語勉強しないと・・・聴くだけのアレやろうかな。



[PR]
# by forest-garden | 2016-03-13 11:23 | 茨城県北芸術祭 | Comments(0)